FC2ブログ

ニュース4946.com

ニュースの話題

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


「ガンダム」世界に新たな歴史 福井晴敏

人気商品・人気グッズ ] 2007/12/18(火)

アニメーションの金字塔にしてアニメビジネスの最優良児が「機動戦士ガンダム」だ。プラモデルの販売が3億8000万個を超え、DVDシリーズも累計1400万本近くを売り上げる。12月21日にバンダイビジュアルが発売するDVD機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス」(1万8900円)は、1979年放送の最初のTVシリーズを3部作にして、81年から82年にかけ劇場公開したものをセット。公開当時を知る古手のファンから原点を見たい新しいファンまで、幅広い世代にアピールする。

関連
Gackt ガンダムDVD売れ行き      ランキング●位
森口博子 3度目のガンダム主題歌   ランキング●位
最新鋭のロボット「ガンダム」を操る天才少年アムロ・レイを演じた古谷徹さん(54)が言う。

 「過去の自分は超えられない」

 アムロの好敵手として活躍したシャア・アズナブル役の池田秀一さん(57)も追随する。

 「超えられないですね」

 DVD商品「機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス」の特徴は映像の高画質化と公開当時のオリジナル音声の収録。最後の「機動戦士ガンダム3 めぐりあい宇宙編」公開から25年を経て、2人の主演声優が自分たちの演技を振り返る。

 ≪人生の転機≫

  実はこの劇場版3部作。2000年に音声を新たに録り直したものが「特別版」として発売されている。当時もアフレコに参加した古谷さんは「プロの声優とし てキャリアを積んだ後で演じたアムロ。魅力もあると思う」と評価し、池田さんも「1つの曲がアレンジを変え長い間歌い継がれているように、今の池田で良い と思ってやった」と話す。ただ「世間知らずでピュアな部分があった25歳で演じたところが、16歳のアムロにうまく投影できた」と古谷さん。劇場公開当時 の演技にはかけがえの無さもある。

 特別版が“原点”になっている若いファンがオリジナル版を見て若さゆえの熱気を感じ、経験が演技にもたらす厚みを思う。オリジナル版発売がもたらす意味は懐古にとどまらない広がりを持つ。

 ベテランになった2人の出演者にとり「機動戦士ガンダム」は、共に人生の転機となった作品だ。

 中学生で演じた「巨人の星」の星飛雄馬が当たり、熱血ヒーローのイメージが強烈に付いた古谷さんだが、一方で「このままではプロの声優として一生やっていくのが難しいと悩んでいた」。

 そこに来たアムロという役は、「初めてだった」という戦いが嫌いな引っ込み思案の少年。

 「日常会話は、効果音やBGMに埋もれるくらい、小さなボリュームでしゃべり、敵に切りかかっていくときは、怖いからとマイクが壊れてしまうくらい大声を出した」

 多感な少年の繊細さにあふれた演技は、古谷さんの新たな看板となった。

  「シャアに呼ばれた」とオーディションの当時を話すのが池田さん。アムロ役で受けようとして、会場に張ってあったキャラクターの絵が放つ雰囲気にひかれ切 り替えた。NHKドラマの「次郎物語」で天才子役と評判になり、強烈な印象を残していたが、シャアの役が過去のイメージを覆した。

 シャアのイメージが強くなり過ぎた時期もあったが「この年になったら、もうあとはずっと引きずっていきたい」と笑って話す。

 ≪宝物を未来に≫

 とはいえ、依頼されれば演技をするのが俳優の仕事。シャア以外の役では出演してこなかった「機動戦士ガンダム」シリーズで、世界観を別にした「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に宇宙国家をまとめる元首役で出演した。

 「アムロのファンを裏切ってはいけない」と池田さん同様にシリーズへの出演を避けてきた古谷さんも、10月から放送が始まった「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」でナレーション役を引き受けた。

 「ぼくらはファーストという素晴らしい宝物を未来に伝えていかなくてはならない。そのために、力が貸せることがあるならやるべきだと池田さんがおっしゃってくれたんです」と古谷さん。受けて池田さんも「古谷徹であり、池田秀一は『ガンダム』というものの伝道師であってよい」と訴える。

 アニメ界の宝であり、声優2人の人生も変えた「機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス」を見て、未来ガンダムに挑む新たな世代が生まれて来れば面白い。

 ■最も好きなセリフは?

 古谷さん「ララァにはいつでも会いにいけるから」

 池田さん「いい女になるのだな。アムロ君が呼んでいる」

 「アムロ行きます」「坊やだからさ」と、日常会話にも使われる名セリフの数々を生み出した「機動戦士ガンダム」。

 現時点で最も好きなセリフとして、古谷さんは「ごめんよ、まだ僕には帰れるところがあるんだ。こんなうれしいことはない。わかってくれるよね? ララァにはいつでも会いにいけるから」という、TVシリーズ最終回のラストシーンを挙げる。

 池田さんも最終回から別れ間際の妹にかける「いい女になるのだな。アムロ君が呼んでいる」という言葉をセレクト。ともにファンなら聴けば瞬時に感動がよみがえる名セリフだ。


関連
Gackt ガンダムDVD売れ行き      ランキング●位
森口博子 3度目のガンダム主題歌   ランキング●位
スポンサーサイト
16:16 | トラックバック:0 | コメント(*) | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://news4946.blog84.fc2.com/tb.php/66-4ae80071

トラックバック


| このページの先頭へ |

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログedita

edita.jp【エディタ】

アルバム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。